o0280033013498509350

↑テレビで紹介されていたみたいです!とうとうコラーゲン繊維がテレビに!

 

こんにちは!
ついついマニアックな記事を書きたくなる、天神店の古賀です(^o^)/

「お客様のご質問にお答えします」のコーナーは、古賀記事の中でも閲覧数が断トツに多いです!

さあ!お客様からご質問の多い、「肩ってなんで凝るんですかー?」
という質問なんですが・・・

僕個人がお客様に伝えていることを書きたいなと思います。

 

ではまず、肩こりの原因としては”姿勢の悪さ”が原因でしょう。
(他にストレスなどの原因もあります・・・)
マッサージ店やストレッチ店に行くと誰しも言われる事ではないでしょうか?
精神的な病気のない方たちは「本態性肩こり」といって血行不良・運動不足からなる肩こりが多いです。

特に多い姿勢の悪さは、頭が前にでている”頭部前方突出位”です。
頭の重さはボーリングの玉くらいだと言われています。
スマホを操作しているときや、下を向いてキーボードを打っているときは、頭が前にでますよね。
あの時、頭の重さを支えているのは首です。
首の傾きが60度の場合、首にかかる負担は通常の重さの6倍と言われます。
ボーリングの玉6個・・・恐ろしい(´・ω・`)
そして首から肩にかけて過度な緊張が起こり、結果肩こりとなるんですね。

では、肩こりとはなんなのか・・・
肩こりってなかなか取れませんよね。
僕たちセラピストも肩こりを一発で取ることなんてできません。
ゴッドハンドだったらもしかすると・・・

肩に何が起きているのか、原因として”筋膜のねじれ”があるのでは?
と考えています。

●筋膜とは・・・筋膜とは筋肉を包み込む膜のことを言います。
筋肉が張り巡らされた体全体にはもちろん筋膜は張り巡らされています。
筋膜はコラーゲン繊維とエラスチン繊維で出来ており、コラーゲン繊維はグミのように力を受けることで変形する性質を持っています。
またエラスチン繊維はゴムのように弾性があり、元の形へ戻す性質を持っています。
つまり、体はこのコラーゲン繊維とエラスチン繊維のおかげで変形でき、また元の形へと戻ることができるのです。
姿勢の悪さを続けることにより、首から肩にかけて過度な負荷がかかり、筋膜がねじれてしまいます。
一度ねじれてしまうと、コラーゲン繊維とエラスチン繊維は圧縮され自由に動けなくなってしまうのです。
繊維ですから一部分が圧縮されてしまうと、他の筋膜のコラーゲン繊維とエラスチン繊維にまで影響を及ぼしてしまいます。
この”ねじれて自由に動かなくなった”ものが肩こりの正体だと思います。

これを改善していくには、適度な運動やご自宅でのホームケアが大事になってきます。
もちろんタイ式のように”筋を緩めて、筋を伸ばす”というのは効果的です。
ただこのケアだけでは間に合いません(週3くらい通っていただければどうにかなるかも(*’ω’*))、
一時期は楽にはなると思いますが、根本的な生活習慣を変えていかないと体は変化していきません。

体を変えていきたい方は定期的なケアとホームケアをおすすめ致します!!

 

・・・、本日もマニアックな記事をお読みいただきありがとうございました(笑)